学長・通信教育部長メッセージ
学長メッセージ
学長あいさつ
 「目的をもって学ぶこと」これが学ぶことにとって最も重要なことではないでしょうか?一人ひとりの人生、キャリアの中で目標とすること、成し遂げたいことを持てることがまず素晴らしいことだと思います。その思いの下で、一つの専門分野をきわめて、自身の知識として身につけることから、広く展開できる知恵と技へと育んでいくことをめざすのが、学びのプロセスでありましょう。通信教育で学ぶことを決めた方々、そして今学んでいる方々はきっとこのような道にいると推察されます。そして、それぞれ個人の思いと到達目標は異なるものであるのも当然です。その個性を活かしながら学ぶことも大切と考えられます。
 本学通信教育部では、そのような目的を持ち、到達目標を定めながら人生の中で、キャリアとして学ぶ方々が十分に学べるかを、いかにしてサポートしていくことが重要かを考えて、カリキュラムや学習システムを提供しています。生涯学習として継続的な学びにつながること、集中的に資格取得をめざすこと、いろいろな様態の修学について、皆さんのご要望を聴きながら良い方向へと向かっていきたいと思います。通信授業では、基礎から高度な専門までを自ら学習し、レポートや試験として集大成をすることになります。スクーリングでは、共有する場で実際の学問を体感すること、そして対面することで学ぶ仲間たち、教職員との交流が学びを通じて広く展開することを希望しています。普段はひとりで学んでいることから、スクーリングをとおして情報や学問自体を共有し、学生同士そして教職員と共感して学びあえることにつなげていただきたいと思います。
 これから通信教育で学びを始めようとする皆さんには、あせらずに、じっくり、しかし時には迅速に、自立して学ぶ場として、そしてスクーリングを通じた共有共感の場として本学通信教育部を活用していただきたいと希望します。夢に向かって、思う存分学んでいただきたいと思います。
通信教育部長メッセージ
通信教育部長あいさつ
 本学通信教育部に入学された皆さんの目的は、大学卒業や職業上の資格取得、知識技術を身につける方など、それぞれが異なっていても、入学後のスクーリングをはじめ、授業は活気に満ちています。1996年に本学通信教育部の開設以来、私はスタッフの一員としてスクーリング、添削、提携校の夏期集中などで多くの学生と接して参りました。その間、私自身が他大学の大学院で通信制での学びを体験しました。教える立場から一転して教わる立場となったわけです。そこでは通信教育の利点やいろいろな悩みなどを体験することができました。添削がまだ返却されないが、きちんと先方へ届いているのだろうか、 今度のスクーリングの発表の準備はこれで良いのだろうか、宿泊の手配をしなければなど。
 一人一人の学修ペースの違いはあっても目的を貫き通す志の大切さ、そして、知識として知っているだけでなく、好きにならなければ不十分でしょう。しかし、好きなだけでは不十分で、楽しいと感じてこそ真の達成感を得ることができるのではないでしょうか。
私たち愛知産業大学はこれからも親身の指導で皆さんの要望や不安を解決し、思う存分学べる環境づくりを行って参ります。