卒業生インタビュー
卒業生 八巻志帆さん
八巻
建築の基礎知識だけでなく、
デザインや造形力もアップ!
同じ志の友だちと学べるのも魅力。

 大学では化学を専攻していたこともあり、卒業後は化学塗料メーカーに入社しました。そこでは技術営業をしており、マンションの改修で使われる仕上げ材などをお客さまに勧めていました。すると、しだいにマンション改修に興味が向き始め、思い切って現在の設計事務所へ転職。父親がゼネコンで設計していたことも、どこかで関係していたのかもしれません。

 当初はアルバイトでした。しかし、これから建築業界で生きていくなら一級建築士をめざしたい。そう思って働きながら学べる通信教育を受けようと決意。探した結果、スクーリング会場が自宅から近く、授業料もリーズナブルなアイサン通教に決めました。
入学1年目は勉強のペースがつかめず、どうやって勉強していけばいいのかよく分かりませんでした。しかし、スクーリングで仲間ができ、情報交換をするようになってからは、勉強の仕方、レポート作成のコツなどを理解することができ、2年目からはスムーズにできるようになったと思います。大切なのは、目標とする卒業日から逆算して計画を立てていくこと。これが本当に大事ですね。
実績
実績
印象に残っているのは、スクーリング科目の造形や設計に関する授業。第一線で活躍する現役の建築士が先生なので、授業がとにかくおもしろい! お客さまの視点で話してくれるのが新鮮でした。また、建築の基礎知識だけでなく、デザイン的なセンスや造形力も磨かれたと思っています。デザインに関しては素人レベルでしたが、アイサン通教で学ぶことでプロフェッショナルの領域に一歩近づいたと自覚しています。

アイサン通教の造形学部建築学科には、建築士の資格取得で入学を検討される方が多いと思いますが、せっかくの学びの場なのでその目的を果たすだけではもったいない。先生や同じ目標に向かって頑張っている仲間たちと積極的に交流して、社会人学生ならではの濃く、太い人脈を築いてほしいですね。私も一緒に学んだ友だちと、いまでも交流が続いています。一生、付き合っていけるような友だちができるのも、アイサン通教の魅力だと思います。
現在は2年後に一級建築士の資格を取得すべく、じっくりと計画を練っています。あまり早くから勉強をスタートさせても、途中で息切れしてしまうので、試験日から逆算して計画的なペース配分を考えたいと思っています。




八巻志帆さん
2017年度卒業 水白建築設計室
大学を卒業後、化学塗料メーカーに入社。技術営業として働くなか、マンションの改修などに興味が湧き、転職。現在は千葉県、関東圏を中心にマンションの大規模修繕に関するコンサルティングのサポートをしている。
八巻 志帆さん
卒業生インタビュー
廣瀬さん
松井
新川さん
爲政さん
諏訪さん
小西さん
平松さん
松月さん