PickUp講義

ピックアップ スクーリング

建築造形A

建物の機能は雨風をしのぎ、安全で快適に過ごせることですが、その上、文化的で美しく、景観に調和した建物が建築といわれます。建築の美しさや景観との調和は建築の機能美と空間や造形の美しさです。この科目では空間や造形を模型で表現し、建築デザインの基本を修得することを目標とします。

学びのポイント

考えるより手を動かし、とにかく多くの模型を作ることがポイント。

スクーリングの課題は、バス停キャノピー、モニュメント、ドッグキャビン、テントハウス、ガソリンスタンドの構造物から3課題程度を当日指示するので、そのデザインコンセプトモデル(模型)を作成します。考えるより手を動かし、思いつくまま、沢山の模型を作ることがポイントです。建築設計は無から形にすることが重要です。躊躇いもなく造形する感覚は、大切な経験となります。

img

CAD2

建築を構成する主要素である「壁・柱・階段・ブリッジ」などを用いて、奥行や高さに関する領域を、認識・操作できるようになることを目標としています。

学びのポイント

3次元CADで立体的表現に取り組む。

CADIIの前に学ぶ CADIでは平面的な図面作成を主たる目的として2次元操作をベースとして取り組むが、CADIIで触れていく3次元CADは模型を作るように立体的表現に適している。2次元CADの操作・作図方法との違いを確認しながら、3次元CADならではの立体的な作図の進め方や視点の設定、陰影計算といった機能を理解し、課題制作に取り組みます。

img