学長挨拶/教員メッセージ

学長ごあいさつ

学長
 「目的をもって学ぶこと」これが学ぶことにとって最も重要なことではないでしょうか?一人ひとりの人生、キャリアの中で目標とすること、成し遂げたいことを持てることがまず素晴らしいことだと思います。その思いの下で、一つの専門分野をきわめて、自身の知識として身につけることから、広く展開できる知恵と技へと育んでいくことをめざすのが、学びのプロセスでありましょう。通信教育で学ぶことを決めた方々、そして今学んでいる方々はきっとこのような道にいると推察されます。そして、それぞれ個人の思いと到達目標は異なるものであるのも当然です。その個性を活かしながら学ぶことも大切と考えられます。

 本学通信教育部では、そのような目的を持ち、到達目標を定めながら人生の中で、キャリアとして学ぶ方々が十分に学べるかを、いかにしてサポートしていくことが重要かを考えて、カリキュラムや学習システムを提供しています。生涯学習として継続的な学びにつながること、集中的に資格取得をめざすこと、いろいろな様態の修学について、皆さんのご要望を聴きながら良い方向へと向かっていきたいと思います。通信授業では、基礎から高度な専門までを自ら学習し、レポートや試験として集大成をすることになります。スクーリングでは、共有する場で実際の学問を体感すること、そして対面することで学ぶ仲間たち、教職員との交流が学びを通じて広く展開することを希望しています。普段はひとりで学んでいることから、スクーリングをとおして情報や学問自体を共有し、学生同士そして教職員と共感して学びあえることにつなげていただきたいと思います。

 これから通信教育で学びを始めようとする皆さんには、あせらずに、じっくり、しかし時には迅速に、自立して学ぶ場として、そしてスクーリングを通じた共有共感の場として本学通信教育部を活用していただきたいと希望します。夢に向かって、思う存分学んでいただきたいと思います。

学部長ごあいさつ

メッセージ01
教員メッセージ
教員の声
いつでもどこでも学ぶことができる通信教育のメリットを活かし、自分のペースにあった学習方法を考えてみましょう。例えば毎月第2土曜日を「通教の日」と決めて、図書館で勉強するなど、自分なりのルールを設定すると学びやすくなると思います。本学では「eラーニング」化が進んでいるので、どこにいても空いた時間を有効利用できます。
メッセージ
ASU通教の魅力のひとつにスクーリングがありますが、ただ漫然と交流を図るのではなく、課題意識を相互に交換し、意見を出し合うなど、深く関わり合うことが大切だと思います。目標を共にし、切磋琢磨することで、これまでにはない交友関係が築けるでしょう。
メッセージ
英語力は様々ですが、本学では外国、外国の人、英語が好きな人達で一杯です。通信教育では自己との対話を含めて、人との出会いに満ち溢れています。スクーリング迄にどれだけ通信科目の勉強を頑張れるかでスクーリングのおもしろみは異なります。一緒に英語を勉強しましょう!
メッセージ
スクーリングは少人数で教員との距離が近く、いろんな相談が気軽にできます。これまで学んだことのない科目に出合って、新しい世界を覗いてみてください。それが自分の仕事や社会活動の幅を広げることにつながり、また「他の世界にも挑戦してみよう」と思えるはずですよ!
メッセージ
通信教育は個人学習のイメージがあるかもしれませんが、スクーリングに参加するとそうではないことに気づくはずです。周りの学生がやる気に満ちあふれていることにも気づくでしょう。かなり熱心な学生ばかりで、よい学習環境です。ぜひ仲間をスクーリングで見つけて協力しあい、お互いを高め合いながら、楽しみながら学習してください。
メッセージ
本学では10代から60代まで、さまざまな人が学んでいます。知識習得はもちろん、多くの学友に出会うことで、人生が豊かになるのも通信教育の魅力だと思います。短大卒業に加え、TOEICなど英語の資格や教員免許を取得することで、将来の可能性をさらに広げてください。
メッセージ
通信教育は最初の一歩が踏み出しにくいかもしれませんが、学習会やオリエンテーションに参加して教員や学生と会うことをお勧めします。この体験で学習を本格的に始めるきっかけになります。同じ目標に向かって学ぶ仲間がいれば、ライバルとして、友人として良い関係を築けると思います。